みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. 晴れくまゆうびん

    クラウドファンディングで微力ながらご協力させていただきました。
    まだまだ登山初心者ですのでゆっくりマイペースで登っております。
    八ヶ岳や涸沢などへ行く予定があるのでお一つお譲りいただけたらと思いますm(_ _)m

  2. 雲の山マイマイ

    家族で山が大好きで5歳の息子と主人と山登りを楽しんでいるのですが、私も足が悪いのと息子もまだ小さいのでゆっくりでしか歩けずにいつも後ろに列が出来てしまって道を譲ることが本当に多くいつも焦ってしまいます。それでも、やはり山は大好きなのでこれからも楽しみたいです。

  3. 雲の山マイマイ

    こんにちは。
    このバッチはFacebookの投稿で知り、知り合いの歩荷さんが付けてるのを見てサイトを調べここに辿りつきました。
    私はまだ登山初めて2年ですが昨年下山するとき滑落し怪我をしました。それから下山するのが怖くて凄く時間がかかります。登りは頑張れても下りの恐怖心はなかなか克服できません。
    でも狭いところのすれ違いで待たれたりすりと、早く行かなきゃって焦ります。
    山の仲間は自分のペースでいいよと言ってくれるので遅くても山には行きたいなと思います。

  4. お花とメール

    病気による体力減退や食事の不自由で山へ行くのをあきらめていました。でも、「みんなの声」でどなたかが言われていた言葉で、行けるうちに低いゆるい山に行ってみようかなと少し思いました。

  5. 山マイマイと帽子

    若い頃は山が好きで楽しんでおりましたが、仕事が忙しくなりしばらく遠ざかっておりました。一昨年に定年となりまた徐々に山歩きをのんびりと再会しました。が、情けないぐらいに昔のようには歩けず、体力と気力の衰えを痛感してます。しかし、以前痛めて今では持病とも言えるぐらいの腰痛や膝痛も多少我慢し、様子を見ながら山歩きをすることにより徐々に緩和されてきたような感じがしてます。これからも無理せずゆっくり、のんびりと亀のごとく山歩きを楽しんでいきたいと思います。

  6. 登山靴と花

    体力が無いけど、山歩きが好きゆっくりだけど登りたい

  7. 山マイマイと葉っぱ

    私は関節の病気になり、山から遠のいていました。
    でも、ここのHPを見て「あなたの山頂を決めればいい」というのに共感しました。
    病気になる前の登山スタイルや気持ちでなく、無理なく安全にのんびり山を楽しむのもアリなんだなと。
    私の中で勝手に、絶対、山頂にいかなければとか、低い山は面白くない、なんてこだわりがあったみたいです。
    いい活動ですね。

  8. 富士山マイマイ

    癌で余命1年を受けてから、はや3年が過ぎました50代男性です。
    もう、なんでもしてやれ!と、登山に夢中になったのがよかったのか、今も定期的に山を楽しんでいます。
    体のいいことも悪いことも何が起こるかわからないものだと感じています。
    ここのみんなの声で拝見した治療中の方たち、気持ちを元気にすることを大切にしてください。

  9. 晴れくまさんとおにぎり

    胃の大手術をしてから3年。リハビリを続け
    今年、念願の富士山へ登頂することができました。
    山からはいつも元気をもらえてます。
    安全に余裕を持つこと大事ですね。

  10. ピンク山マイマイ

    いつものんびり山を楽しんでいる60代のグループです。
    若い時にビュンビュン山を歩いていた昔話に花が咲きます。
    歳をとると、無理のないよう心がけています。