子連れ登山の楽しさと苦労と思いやり

先日、熊田曜子さんが児童館で3人の子供を連れて入ろうとしたら断られたニュースが話題になっていましたね。

みなさんからいただく声の中にも子連れ登山の声、多いです。

そこからとても多く感じるのは、お子様を連れての登山で、みなさんとても周りに気を使っているということです。

子連れでゆっくり歩くので、周りに迷惑をかけてしまうのでとても気を使います。という声。

ご経験の方は「それ、わかるわ〜」という気持ちだと思いますが、未経験の方の中には「なんで、山に子供連れてくるんだ!?」という人もいます。

しかし、100%健康でない人は登山をしてはいけない、子供は登山をしてはいけないということはありません。

せっかく大きな大自然の山時間を過ごしているのですから、自然だけでなく人にだって大きな心と思いやりの気持ちを倍増するとその時間はもっと素敵になる。

子連れハイキング

子連れ登山の気持ちが少しわかると、暖かくホッコリと思いやりが増えるかもしれない。

そんな記事Eyes on Peaks さんより参照)をご紹介しますね。

「お先にどうぞ」と「ありがとう」の思いやり

中でゆっくり山マイマイもご紹介していただきました。ありがとうございます(^_^)

関連記事

  1. おすくな探検隊2018

    おすくな探検隊 案内看板立て&清掃登山お疲れ様でした

  2. 山マイマイ缶バッジ

    山マイマイの缶バッジが出来ました!

  3. ゆっくり山マイマイ発送

    気がつけば、みんなの声が500を超えました

  4. 並んだゆっくり山マイマイクッキー

    食べるのもったいない!ゆっくり山マイマイ手作りクッキー

  5. 槍ヶ岳ポストカード

    ご支援返礼の手描き山の絵手紙

  6. ゆっくり山マイマイLINEstamp

    ゆっくり山マイマイのLINEスタンプ販売開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。