みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. 晴れくまさんとおにぎり

    40歳男です。
    昨年一月、頭痛と発熱で入院し、呼吸が停止しました。
    気管切開で人工呼吸器をつけ生き延びましたが、意識が戻ったら下半身不随になっていました。寝たきりです。おむつ生活です。原因は不明です。
    主治医には一生車椅子での生活を宣告され、車椅子での社会復帰を目指してリハビリせよと言われ、リハビリ病院に転院しました。
    原因不明でいきなり下半身不随なので、諦めようにも諦めきれず、また再び山に登ることを目指して、約1年、リハビリしました。
    目標を設定したリハビリの甲斐があったのか、なぜか歩行器で歩けるようになり、なぜか松葉杖で歩けるようになり、なぜかトレッキングポールで平地を歩けるまでになりました。
    医療行為としてのリハビリはこれ以上受けられないとのことで、あとはトレッキングポールを両手に持ち、ほぼ腕力で、毎日近くの里山をノロノロと登ることを繰り返しました。

    発症から約1年半、杖なし歩行で職場復帰ができました。ここまで回復できたのも山のおかげです。

    私は外見が普通の40男なので、山道ではなかなか身体の状況を理解していただけません。事情を話しても信じていただけません。
    ゆっくり山マイマイのような取り組みは、いざ自分の身に降りかからないとなかなか理解してもらえないのかもしれません。
    バッジを活用させていただき、身をもって普及啓発に協力させていただきたいと思います。

  2. コマクサ山マイマイ

    私は数年前に股関節を人工股関節に置換する手術を受けました。術後、リハビリを兼ねて山歩きをするようになりましたが、思いがけない動きに対応出来なかったり、下りでは術足をかばうため、どうしてもスピードダウンしてしまいます。でも、1歩1歩、ゆっくりでも歩いていれば山頂に立つことが出来るのが登山のいいところだと思います?
    ゆっくり山マイマイ、多くの方に知ってもらえることを願っています。

  3. リュックサック晴れくま

    ブログ拝見し、応援させて頂きたいと思いました。
    私の職場に乳がんを患い、手術をし、今も通院治療をしている人がいますが、体調の悪い中も頑張って仕事をしてくれています。
    病気になっても、仕事を続けられる環境づくりをこれからも続けていきたいなと思っています。
    私は山で下山中に転倒して骨折してから、恐怖心から特に下山がゆっくりで、パートナーにも置いていかれてしまったり、なかなか山友に恵まれない状況です(涙)
    でも、自分のペースで歩けばいいんですよ、と言って下さるガイドさんに出会い、それからは、私もマイペースでいいのだな、と思えました。
    また時々ブログ拝見したいと思います。

  4. エーデルワイス山マイマイ

    記事を読んで感動しました。
    私は医療者で、登山もします。
    当院では、サロンがあります。
    このサロンに通うの方々と山に登ったことがあります。マイマイバッチを皆さんに知ってもらうために、お手伝いさせていただきたいと思います。

  5. 山小屋山マイマイ

    山は色々な人が訪れる場所になっていて、今では海外からの方もたくさん登られています。
    僕は南の方の八ヶ岳が好きで赤岳に登ってきたんですがその日は韓国の方がたくさん登られていました。(ツアーだったのかもしれません)
    向こうの人はやはり日本のマナーにも疎く、下りでもガンガン背中に張り付いてこられました。
    僕はそれなりに降りれるんですがストックは使わないのでやはり遅くなってしまいました。
    そういう場合さっさと避けれたら良いのですが道幅も狭いところで後ろがもしも足を滑らせて前につっこめば滑落に巻き込まれかねない状況でした。
    山はみんなの山でゆっくりの人速い人色々なスタイルがあって、それを各々楽しんでいくのが登山だと思います。
    こういうバッチがあれば見ただけで理解してもらえると思いますし、安全面や精神衛生上とても良いアイテムだと思います。

    どんなときでも山は楽しい場所であってほしいと思います。
    時には何かを背負って登ってる方もいると思いますし、何かを降ろしに来てる方もおられると思います。
    それでも僕にとってはそんな中でも純粋に山を楽しめるような環境になってくれたらいいと思います。
    病気にも負けず、山を好きでいたこと
    僕はすごく感動しました。
    これからも同じ八ヶ岳を好きなもの同士、山を楽しめる環境にできるようがんばっていきましょう!

  6. コケモモ

    同じ乳がんです。薬の影響はなかなか人に分かってはもらえないので、以前はサークル仲間と登ってましたが、今は2、3人で低山しか不安で登っていません。
    素敵なバッチがあれば、勇気づけられます。

  7. 山マイマイ配達

    私は丹沢大山で毎週趣味で歩荷を10年以上やっています。以前はトレランでした。歩荷なので必然的にかなりのスローペースになります。トレランの時とはガラリと山の楽しみ方が変わりましたね。ユックリ歩くと初めて山に来た子供やお年寄り方々と沢山交流する機会が増えました。山は様々な方が様々な楽しみ方を自由に楽しむ場所ですよね。ユックリ楽しむ方々がいるんだよーって沢山の方に理解してもらえると良いですね。
    僕もバッチつけてユックリ歩荷たのしみます

  8. 山マイマイ封筒

    もともとアウトドアが大好きで山は夏に冬に通っていました。登山は地元の山ばかりですが何度か登ったりしていました!が、、、3月に乳がんが発覚し5月に手術、現在抗がん剤治療をしています。登山大好きな姉からは来年には体力も回復するだろうし一緒に山に登ろうと言われていますが、実際のところ不安がいっぱいです。
    今回このような素晴らしいプロジェクトがあるなんて!とても嬉しく思いました。
    私は病気にならなければ気付かなかったかもしれません。
    みんな違ってみんないい!本当にそう思います!

  9. 山マイマイ巻物

    山歩き歴10年になります。乳がんサバイバー2年目。
    がん宣告後に日本一の富士山に登頂したい!と思いました。治療前にご来光を拝み苦戦はしましたが無事に登頂しました。
    がん三大治療後は時間はかかりましたが北アルプスを縦走もできました。
    山歩きも少しステップアップしたいと考えていました。
    罹患してもクライミングにトライしたかったので検索をしていたら、ゆっくり山マイマイに辿り着きました。
    同士がいることに勇気をもらえました。
    無事に山歩きを楽しむことは自分の体力と技術に見合う山選びだと思っています。そしていろんなハイカーがいることもわかって欲しいです。

  10. 晴れくまメール

    私も今から17年前に乳癌になりました、左胸全摘(その頃は同時再建はまだありませんでした)猫背になり、温泉に入るのが苦痛でたまりませんでした、今では再建も済み再発は今のところ出ていませんが…腫瘍が、5cm浸潤癌、リンパにも転移していたことから、いつ発症してもおかしくありません、術後に山に行くようになり、素晴らしい景色に日々感動しています、病気が発症したら、諦めるものだと思っていましたが、ゆっくりでもいいんだ、山に登ってもいいんどと、新たまた気づかされました、ほっこり優しい気分になりました。