みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. リュックサック晴れくま

    自分のペースでゆっくりと景色を眺めながら、人が気がつかない事柄を発見した時の喜びと満足を得た時は嬉しいですね。

  2. エーデルワイス山マイマイ

    最近登山を始めました。私は35歳で、67歳の母といろんな山に行きたいと思っています。母は体力はありますがペースはゆっくりです。無理をせずケガをしないよう二人で楽しみたいので、「ゆっくり山マイマイ」のバッジをつけて周りを気にして焦ることなく登山を続けたいと思っています。

  3. 山小屋山マイマイ

    森林セラピーガイドをしています。
    山の楽しみ方は人それぞれ。
    早く走る人がいても高齢の方がいてもいいと思います。
    車を運転している時と同じで、
    狭い道やすれ違い時はやはり緊張します。
    バッチをつけている事で安心感が持てたらいいなと思いました。

  4. コケモモ

    他の方のブログからここに着き、この活動にとても感動しました。
    私もがんの後、とてもゆっくり歩いてます。
    いつも他の人の迷惑にならないようにときを使い急かされては転びそうになったり足がもつれたりしてます。
    「ゆっくり歩いていいんだよ」という言葉を見たときに、こんな言葉を言ってくれる人がいるんだ、という嬉しさと安心で涙が出ました。
    この言葉だけでも勇気をもらえました。
    そうですよね、早い人だけの登山ではないですよね。
    ずっと胸にあったモヤが晴れた気がしました。
    ありがとうございます。活動、心から応援しています。

  5. 山マイマイ配達

    50代 夫婦揃って 今年から山デビューしました。
    先日、筑波山で 後方の方を気にしながらの下山は申し訳ない思いとぬかるみで怖い思いをしました。
    後れ馳せながらせっかく始めた山登り ゆっくり山マイマイバッジを頂いてこれからも楽しみたいと思います。
    お身体お大事に これからもマイペースで人生楽しんでください

  6. 山マイマイ封筒

    親子3人で健康な為にたまに山に登るのですが、(自分が特に)ペースが遅い為、後ろから来られる方には先に行ってもらいたいと思っていました。
    このバッヂの存在をしって、「これだ!」と思いました

  7. 山マイマイ巻物

    それぞれの楽しみ方があるとは思いますが、
    山で走る人がとても怖いです。
    お先にどうぞのバッチがあれば
    会話のきっかけにもなると思います。

  8. カラフルキノコ

    写真を撮ったり、動植物を見たり、普段吸えない空気を感じたり、自然を楽しみながらのんびりと登山をしています。
    こんな素敵なものがあれば、道を譲るときも譲られるときも、お互いに気持ちのいい挨拶が出来ると思いました。

  9. 晴れくまメール

    トレッキングを始めました
    夫とふたりで色々な所に行こうと計画してます。
    50,60代の夫婦です
    私はゆっくり歩きたいです。

  10. 花とカメラ

    登山初心者のため自分のペースもよくわからず、登山者の多い山では後から他の人が来ると道を譲りますが焦ってしまいます。
    このバッチがあると周りへのアピールや焦る気持ちを和らげてくれそうで是非ともほしいです。

  1. ゆっくり山マイマイ再手術

    2020.12.17

    年末の再手術とコロナ禍

  2. ゆっくり山マイマイ登山

    2020.10.21

    誘われた登山レベルに不安がある時はどうしたらいい?

  3. ゆっくり山マイマイバッジ

    2020.08.13

    山小屋のゆっくり山マイマイバッジ箱

  4. ゆっくり山マイマイバッジ

    2020.07.30

    今月もたくさんのバッジご応募ありがとうございます

  5. 山

    2020.04.09

    バッジ発送まで今しばらくお待ちください

  1. ゆっくり山マイマイLINEstamp

    2018.07.21

    ゆっくり山マイマイのLINEスタンプ販売開始

  2. 山マイマイご支援感謝

    2018.05.14

    ご支援のページを設けさせていただきました

  3. 山マイマイクラウドファンディング

    2018.01.26

    Readyfor30日間、皆さまのおチカラをおかりしたい…

  4. 乳がん後の登山

    2017.11.01

    乳がん リンパ手術後の登山の注意

  5. がん治療

    2017.10.24

    私のがん闘病がYAMAHACKさんに掲載されました