みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. 晴れくまゆうびん

    先日、登山した時にマイペースで行くのが一番??と思ったところに、知人から<ゆっくり山マイマイ>のことを教えてもらい、嬉しかったです(^ ^)

  2. 雲の山マイマイ

    やまの山登りを始めてまだ3ヶ月しかたってない超初心者?です。
    まだ低山を数回しか行ってませんが、常に後ろを気にして、譲るように心がけています。
    たまに、トレイルランされている方が、ふと気づくと後ろにいて、申し訳ないとと思う事がありました。
    この普及活動に少しでも役立てればと思います。

  3. お花とメール

    ストック使わず、水平に持って歩いている登山者を見受けます。上半身特に顔に当たらないよう距離を取るのですが後続がいると気になります。ストックの持ち方も気になりますがユックリ歩く宣言いいですね。

  4. 山マイマイと帽子

    膝痛があり、毎月、整体に通い体のメンテナンスをしながら無理ない登山を楽しんでいます。
    山では抜かれることはあっても抜くことは、ほぼ、ありません。
    景色やお花、鳥のさえずりを聞きながら、ゆるゆると歩いています。
    特に下山は慎重に。
    楽しく、安心、無事に自力下山をモットーに(*^_^*)
    山パートナーと二人で毎週楽しんでいます。

  5. 登山靴と花

    歩き始めに体調をくずして立ち止まる事が多く、後続に抜いてもらうように避けることが増えました。ゆっくりと山中を歩くだけの楽しみかたもあると思います。

  6. 山マイマイと葉っぱ

    平日休みの為、山登り始めてから5年間いつもソロで登ってます、低山中心ですが一人もすれ違いが無いことも多いです、人気の山だとどうしても登山者が多く気を使うことがあるし、ある程度のマナーも必要、また守って無い人に腹を立てたり、せっかくの休日、のんびりと楽しみたい。

  7. 富士山マイマイ

    夫婦2人で50過ぎてからの登山初心者の為、無理は禁物だと思いのんびりと歩いています。
    景色や動物や人とのふれあいを楽しみに山にはまりこみそうです。

  8. 晴れくまさんとおにぎり

    YAMAPから紹介されてきました。
    夫婦でハイキングを楽しんでいますが、妻は登りが不得手で、私は下りでひざ痛に襲われゆっくりしか歩けません。

  9. ピンク山マイマイ

    私はゆっくり歩けば自分でも山頂に立てるんだと知って山登りを始めました。
    そのため早く歩くことはできません。
    狭い登山道で列ができたり、後ろからきた人にピタリと追いつかれたりすると焦って疲れて山が全く楽しくなく、辛い思い出になってしまいます。
    先に行って欲しいのに「どうぞ」と待たれると早くいかなきゃと焦って辛いです。
    アンケートに答えた通りですが、この可愛いバッチがあるだけで気持ちが随分違います。
    素敵なアイディア、ありがとうございます!!

  10. コマクサ山マイマイ

    病気を患って20年。
    体力のせいか普段も歩くスピードがかなりゆっくりです。
    山好きの友達がたくさんおり、私も登れたら楽しいのでは…と最近思うようになりました。