みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. 山マイマイ巻物

    山ウェアはみんな同じようなので、背後の人が抜くのを躊躇しているのかな?と感じることがあります。
    私は写真が好きで、足下の草花をじっくり見ながら歩いているので、いつも躊躇なく抜いて欲しいと感じてます。
    この目印で手前からでもスムーズに抜いてくれるといいな。お先にどうど

  2. カラフルキノコ

    がんを告知されてから5年。山を登り始めて3年が経ちました。
    先日、この活動を知人から教えてもらい、とても共感できました。
    ゆずり合いの気持ちは登山道では必要不可欠と感じますが、それを無視してのハイカーが多いからこそ、こうした活動はもっと広まって欲しい。

  3. 晴れくまメール

    一昨年に大腸ガンの手術をしてから、健康と体力維持に気を使うようになりました。
    山も夫婦で体に無理のないよう気をつけながら楽しんでいます。
    医者からも、くれぐれも無理をしないようにと言われています。
    こうした活動は、病後の人が無理ををせずに山を登る心がけにもなっていいと思いました。

  4. 花とカメラ

    私は歩くのが遅いので、トレランやハイペースの人に突然、追い抜かれると恐いです。
    先日もトレランの方が背後からすごい勢いで走ってきてそのまま走り去って行きました。
    背後の人の気配には気付きにくいので、もう少しゆっくり追い抜いてくれるといいのになと感じます。
    このバッジを見かけたら走り追抜きはせずに歩いて追い抜いてもらえるといいなと思いました。

  5. 晴れくまゆうびん

    ザックにこのバッジをつけている人を見て私もぜひつけたいと思いました。
    山スタイルにも似合う素敵なバッジですね。

  6. 雲の山マイマイ

    ステキな活動と思いました。
    そして、ご自身のがん体験からはじめられたことを知り、すごい!と思いました。
    たくさんの人にこの活動を知って貰いたいと思います。
    拡散しご協力いたします!

  7. お花とメール

    私自身というよりも、私が追い抜く時に、遅くてすみません、と言われる事があります、謝ってもらうことなんてないのに、こちらこそ気を遣わせてすみませんと思ってしまいます。このようなバッジがあると、お互いもっと気持ちいいだろうなって思います。

  8. 山マイマイと帽子

    登山初心者のアラフォーです。子供2人と一緒にゆっくりのんびりと登山を楽しんでいます。
    私も子供も体力ないので、早くは登れない、でも、山に登りたい。後ろに並ばれた時のプレッシャーで疲れてしまう。

  9. 登山靴と花

    山歩きが好きですが、私は歩くのが遅く、不慮の天候不良等でご迷惑をかけぬよう、着るものとかは少し気を使って選んでいます。
    そのためか、山経験豊富な健脚に見られてしまうことがあるのですが…遅いんです。歩くのが…
    そのため、後ろに人の姿が見えるともう自分のペースで歩けず、息が上がってしまいます。
    ちょっと幅のあるところで「お先にどうぞ」と声をかけても、譲り返されたりしてしまいます。
    ホームページでお見かけしたこのバッジは、可愛くてとても欲しくなりました。
    ザックの後ろにくっつけると、可愛い絵柄が自分では見えなくなってしまうのが残念ですが(笑)、そっと後ろの人に「お先にどうぞ」のアピールができれば良いなと思いました。

  10. 山マイマイと葉っぱ

    雪山は最近始めたばかりで特に初心者なのですが、下山が遅すぎてすれ違いざまに文句を言われたりしてショックを受けたことがありました。
    この取り組みを知ってとても良いなと思いました。いろんな人が登山をしているので色々起こることはわかっていますが、これからも登山を純粋に楽しみたいと思います。