「お先にどうぞ」のしるし
ゆっくり山マイマイ

病気や治療、後遺症、体のトラブル等で
ゆっくりしか歩けない人がいる
これを見たら道をゆずられてください

ゆっくり歩いてもいいんだよ
あなたの山頂を決めればいい

身体や体調に合わせた登山
自分のペースで無理のないことが一番

山にも人にも優しい気持ち

自然にもそこにいる人にも
思いやりがたくさんあるといいね

ひとりじゃないよ つながる気持ち

病気や治療で頑張る人々がいる
あなたのことを応援している人がいる

山にはいろんな人がいる そのみんなに山が元気をくれる
生きるための希望として山へ登る人がいる

全ての人が万全健康な身体を持っているわけではない。突然のケガや病気は誰にでも起こりうる。生まれつき不自由な人もいる。年齢と共に身体も変化する。
病後、リハビリ、体のトラブル、余命宣告等、生きる希望として山を登る人もいる。ゆっくり歩くとこに慎重で一生懸命な人たちも山を歩いている。
でも、登山道でゆっくり歩くことを申し訳なく思う人、不安に思う人、山を諦めてしまう人もいる。
ほんの少しの譲り合いで、一つの登山道に、色々な人々がスムーズに笑顔で安心して往来することができますように。