みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. お花とメール

    私も癌になり、今はゆっくりと山を楽しんでいます。

  2. 山マイマイ巻物

    もともと歩くのは早くないのですが、年齢を重ねたのと、足を痛めてから、ますます遅くなりました。
    周りに迷惑かけないように、リュックにつける目印になるものを 考えていた所でした。
    マイマイを知った時、偶然以上のご縁を感じました。

  3. 山マイマイと葉っぱ

    私は5年前に膵臓、を手術視、十二指腸、脾臓を全部とりました。それからは、以前のような山登りができなくなりましたが、それでも登りたいです。
    最近、膵臓にまたできものができ、全摘出するかもしれません。 そうなると、命の綱は、インスリン注射ですが、それでも登りたいです!

  4. カラフルキノコ

    このサイトを知り、山に行きたい人を支えてあげる方法がほんの少しわかりました。
    まずは母とゆっくり山に登りたいと思います。

  5. 晴れくまさんとおにぎり

    私は病気やケガの治療とかでは無いけれど、体力不足でゆっくりとしか登山出来ません。
    Facebookで出会った山友達と楽しく登山をしていますが、ゆっくり登る私は「迷惑を掛けているんじゃないか…」と、いつも不安に思っています。
    これを機会にゆっくり登山の輪が広がると良いなぁと思っています。

  6. 山マイマイ封筒

    この活動をFBで知りました。その方は、癌の手術をして山登りを諦めかけたときにこのバッチの存在を知って、もう一度山に行こうとしてるそうです。
    私も、3年ほど前に加齢とメタボになっていまして、今まで何度も登った山なのに、稜線まであと20分足らずのところで、歩けなくなってしまった経験があります。
    その後、下山してから、これではまずいと思って、禁煙を始めて、ランニングも開始しました。

    最近、私の良く登る山域(北アルプス)でもトレランの方が居て、大変危険と感じています。
    北アルプスのような狭い登山道で、後ろから無言で無理に抜かれるとかすごく危険です。
    あと、熊鈴をクラクション代わりに鳴らして駆け抜ける人も居て、その都度ほんとうに危険な行為だなと感じています。

    わたしは、自分にあった山域を安全装備で、ゆっくり山歩きをするものと思います。なので、山歩きはいつも6割の力で歩くようにしています。
    このバッチを見つけたら、後ろからでも声をかけてくれれば道を譲りやすいと思います。そしてこの活動を広めて行けたらと思います。

  7. 晴れくまゆうびん

    ホームページ拝見させていただきました。とても素敵な取り組みですね。私は登山ガイドのような事をさせて頂いている者なのですが、参加者の方は本当に様々で、耳が聴こえない方や、大病で後遺障害が残っている方、はたまた歩くスピードが遅い方などなど色々いらっしゃいます。
    その方々が自分のペースで自分の登山を楽しみやすいように、理解のある人が増えると私も嬉しく思います。

  8. 山マイマイ配達

    私は喘息を患っているので、ゆっくりとしか歩けません。
    いつも 道を譲っていますが、
    息が苦しくなってくると周りを見る余裕もなく、
    私の背後には長蛇の列が...
    このようなバッジがあると嬉しいです。

  9. 雲の山マイマイ

    難病とかリハビリ中とかじゃないけれど
    山ではゆっくりペース 早くは歩けません

  10. 晴れくまメール

    高校生の時、山岳部のクラスメイトに「ハイキング行こう」と誘われ行った”素人には思いっきり登山”が山登りのきっかけです。
    ここ数年、ホルモン系の病気で筋力が落ちてしまい、ゆっくり、のんびりの山歩きになっています。
    このバッジ付けて、ゆっくり山歩きをしたいと思います。