みんなの声山マイマイへ届いたメッセージ

  1. お花とメール

    素敵な活動ですね。
    わずかながら協力させて頂きたく思います。

  2. 富士山マイマイ

    私の彼女が今年交通事故で股関節人工関節になりました
    100名山目差して頑張っていた所の交通事故
    本人は悔しがっていましたがのんびり行けばいいと思っていたところにこのバッチが目に入りました

  3. 山マイマイと帽子

    私の母も若い頃少し山をやっており、私が高校で山岳部に入ったのをきっかけにまた再開しましたが、数年前に指定難病の病にかかってしまい気圧に変化・寒さに耐えられない身体になってしまいました。
    今では肺も良くはないので低山をゆっくりゆっくり楽しんでます。

    このような活動をもっと広げていけたらと思います。

  4. 山マイマイと葉っぱ

    転移性肺癌で左下葉を切除しましたが、毎月リハビリで高尾山など低山を歩いています。
    今年は山仲間の支えもあって、五竜岳、双六岳、燕岳などの北アルプスにも登れるようになりました。
    でも、息が苦しいのでCTでも歩けません。ゆっくりゆっくり歩いています。
    ゆっくり山マイマイを知って、是非私もお願いしたいと思いました。
    明日入院し切除手術をします。
    退院したらまたリハビリを頑張って山に行きたいと思っています。

  5. ピンク山マイマイ

    先月、乳がんと告知されました。
    私も山が大好きで百名山を中心に今では36座目になりました。
    来年も沢山登るぞー!と意気込んでいた矢先に…滅茶苦茶落ち込みました。
    まだ、検査検査の段階ですが手術は絶対です。早く山に帰りたいと前向きに考えています。山に帰れた時にはこのバッチを付けて登れたらと思っています。

  6. 登山靴と花

    近所の山に週末の早朝出掛けると体力維持のために登られているご年配の方々をよく見かけます。
    私は3000メートル級の山々をガツガツ登るような山屋さんではありませんが、トレイルランニングもやるような端から見ると少しハードな山の楽しみ方をしているかもしれません。
    しかし、近くの低山ではそんな見ず知らずの方々に歩調を合わせてノンビリ話ながら登っていくのがとても楽しみなんです。
    ガイドの活動もしております。もっとゆっくり歩いて里山の自然や四季の移ろいを色んな人が楽しんでくれたらなぁって思っています。
    ぜひこのバッチを着けて色んな人にゆったりと気軽に自分のペースで山を楽しむ「ゆるピニスト」になってもらえるよう、啓蒙活動(?)していきたいです。

  7. 雲の山マイマイ

    がんになり、ただただ落ち込む日々でしたが、友人からこちらを教えてもらいました。
    ご自身もがんで大変なのにこうした活動をされていることにとても勇気をもらいました。
    応援しています。

  8. カラフルキノコ

    筋萎縮性側索硬化症という難病になりました。
    動けるうちにたくさん山を登りたく、頑張っています。

    登山道で猛スピードの方とのすれ違いは、本当に恐怖です。
    街中の狭い歩道を猛スピードの自転車とすれ違うような怖さがありますが、山では階段や斜面、がけなどの危険があるので街中よりも恐いです。
    このような活動とても素晴らしいと思います。

  9. 山マイマイ巻物

    素敵な試みですね 応援してます

    黄色靭帯骨化症という難病を発症しました
    脊椎の病気で進行すると歩けなくなったり手が不自由になる病気です
    今はまだ歩けてます
    歩けるうちに私に何かお手伝いできることありませんか
    お山に癒やされ、生きる希望をもらってます

  10. 花とカメラ

    夫婦2人で本当にマイペースで歩いてます。
    普通の方が一泊二日で行けるのかな?
    って思うところを2人ゆっくり色んな写真を撮ったり景色を眺めたりしながら歩くのが好きです。
    山マイマイさんのご意向を私も少しでも、広げていけたらと思います。